増える20代・30代のED患者!EDになる前に知っておきたい発症の原因

20代・30代のED患者が右肩上がりで増加中です。加齢から来るEDだけでなく、プレッシャーや責任感からなるストレスが原因だったり、事故や病気でなる外傷が原因だったりと、発症してしまう原因はたくさんあります。ここではEDを発症する原因について紹介しています。

*

増える20代・30代のED患者

   

元々EDは比較的年齢が高い男性だけが悩む体調不良でした。
早くても40代以降の問題でした。
40代後半にならなければ、男性機能の問題で頭を抱える事はなく、20代から30代の若い層は特別な対策をしなくても、自然体で性生活が送れていました。
しかし、最近では20代から30代のED患者が増えてきました。

若年層のED患者が増えてきたのは近年特有の傾向です。若い世代の草食化、といった表現を耳にした事があるはずです。
これは基本的には恋愛の傾向を示す言葉ですが、その裏側には若年層のED患者の増加が隠されています。

若年層のEDの原因は労働環境

若年層のEDが急増した原因ですが、まず最近の労働環境が背景にあります。20代から30代の社会人男性は、職場内でも新人です。

どの組織でも新人の頃は、何かと辛い立場に置かれますが、近年では新人の頃より長時間労働を強いられています。

また一昔前の時代ではありえない事でしたが、最近では組織も人手不足であり、20代から30代の経験が浅い間に、管理職を任されたり、現場の監督者に任命される等、スキルがまだ十分ではない間に非常にストレスフルでシビアや労働環境に置かれます。

EDを誘発する仕事のストレスと長時間労働

若年層のED患者が増加した原因として、仕事のストレスと長時間労働の2点が指摘されています。

男性機能は主に老化によって減退しますが、それ以上に精神的な疲労によって疲弊しやすいです。まだ20代から30代と言えば、性行為が満足に出来る世代です。

しかし、毎日8時間以上、それも非常にストレスフルな環境で激務に耐えますと、精神的な疲労と肉体的な過労で、ペニスの勃起力が喪失します。

また仕事の疲れからうつ病になる若者も少なくはありません。深刻なうつ病ではなくても、いわゆるうつ症状もまたEDを誘発する深刻なリスクです。

メンタル的にグロッキー気味になりますとペニスの勃起力が半減します。セックスやマスターベーションが満足に出来なくなれば、今度はそれが新しいストレスとなり、若者の勃起力は悪循環によって更に低下していきます。