増える20代・30代のED患者!EDになる前に知っておきたい発症の原因

20代・30代のED患者が右肩上がりで増加中です。加齢から来るEDだけでなく、プレッシャーや責任感からなるストレスが原因だったり、事故や病気でなる外傷が原因だったりと、発症してしまう原因はたくさんあります。ここではEDを発症する原因について紹介しています。

*

EDとストレスの関係

   

EDには様々な原因があります。加齢や生活習慣病、泌尿器系の疾患、血管や神経の障害からくるものなど。そして精神的なストレスなど、心の問題がその引き金になることがあります。

心の中に原因がある場合、現実的なストレス、また子供の頃の体験やコンプレックスなど心の奥、深層心理にその原因がある場合があります。心因性の中でも現代人に多いストレスについて、そしてEDとストレスにはどのような関係があるのかについてのお話です。

日々のストレスが原因でEDになってしまう

現在、多くの方が様々なストレスにさらされ、それに伴う不調に悩まされている方が多くいらっしゃいます。人は社会の中で人間関係や仕事、身体や体調、感情、人生についての悩みなど、たくさんの物事に対するプレッシャーなどにさらされています。

そのような状態が起き、その状態が長く続くことで、精神や身体のあらゆる不調を引き起こします。勃起不全であるEDは、このような不調の1つとして起きることがあります。勃起をするためには心がリラックスし、性的興奮を受けて、血流がペニスに流れ込むことで起きます。

何か精神的なプレッシャーにさらされたり緊張していると、交感神経が活性化され、そのような心の状態では勃起することが難しく、EDになってしまう原因になるのです。

病院でカウンセリング診療が必要な場合がある

心理的なストレスには仕事や精神的なこと、経済的な不安など。また幼少期や思春期の体験、性的なコンプレックスやトラウマなど様々なことが考えられます。現実的なことであれば、仕事や生活を見直してできる限り改善することが大切です。また体験や記憶など深層心理など原因がある場合は、病院などで相談する必要があるケースもあります。

このように、男性機能が正常に働くためには、心が穏やかにリラックスした状態であることがポイントになります。心理的なストレスやプレッシャー、緊張状態などでEDが引き起こされることがあります。上手にストレス解消すること。自分自身を知り、どうしたらリラックスした状態でいることができるのかなど、改善策を見出すことが大切です。