増える20代・30代のED患者!EDになる前に知っておきたい発症の原因

20代・30代のED患者が右肩上がりで増加中です。加齢から来るEDだけでなく、プレッシャーや責任感からなるストレスが原因だったり、事故や病気でなる外傷が原因だったりと、発症してしまう原因はたくさんあります。ここではEDを発症する原因について紹介しています。

*

EDになってしまう原因や発症しやすい人の特徴

EDとは勃起不全や勃起障害の事で、発症してしまう原因はたくさんあります。

ストレスからなる心理的なケース

まずは心理的な要因で起こるケースです。日常生活で些細な事がストレスになって、それが原因でEDが起こってしまう場合です。例えば日々の生活の疲れであったり経済的なストレスがあったり、相手の女性に傷つく事を言われたりなどが挙げられます。こうした場合は医師のカウンセリングを受けたり薬を服用すれば治るケースが多々あります。

また幼少期に性的な虐待を受けたトラウマが原因となって起こるケースもあります。この場合自分でも理由が分からず治療を要するまで時間がかかってしまい中々治療が出来ないという場合が多いです。

体の病気や外傷が原因のケース

次に体の病気や外傷が原因でなってしまうケースがあります。年齢を重ねていくと血管や神経に色々障害が出てきます。例えば動脈硬化や血管障害等が挙げられます。

こうしたものが影響して発症してしまうケースがありますし、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が影響して発症してしまうケースもあります。他にもタバコを吸ったり過度に飲酒をしたりすると引き起こされるという場合もあります。

神経に障害によるEDの発症

さらに神経に障害があると発症してしまうという場合もあります。脳から体全体に広がっている末梢神経に障害が起きてしまうと脳から信号が伝わらずEDになってしまいます。例えば脳出血や脳腫瘍、パーキンソン病やアルツハイマー病といった脳の病気になると神経に障害を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

脊髄の損傷によるEDの発症

それ以外にも交通事故で骨盤を骨折したり脊椎を損傷してしまい、発症してしまう場合もあります。ただこうした外傷は治療によって回復する場合も高いです。

前立腺がんや膀胱がんの摘出など骨盤内臓器の手術をして、周辺の血管や神経を損傷してしまい、その結果発症してしまうケースもあります。しかし最近では勃起機能を残す為に血管や神経を出来る限り残すような手術法を行っている医師も多いですので、手術を行う場合は医師としっかりと相談すると良いです。

薬の副作用によるEDの発症

まだまだあります。前立腺が肥大化したりする泌尿器科系の病気になると、発症してしまうケースです。また泌尿器系の病気になり、心理的にショックを受けて発症してしまったり、治療薬の中にEDを引き起こす成分が入っていて発祥してしまうケースもあります。

薬で言うと他の病気の薬を服用していて、その副作用で発祥してしまうというケースもあります。特に抗うつ薬や降圧剤といった中枢神経や末梢神経に作用する薬は注意が必要です。

このようにEDの原因は多岐にわたるので、発症してしまった場合は速やかに医師の問診を受け適切な処置をとる事が大事です。

ストレスに弱い人はEDになりやすい

EDは年齢を重ねるにつれて発症しやすいと言われており、これは決して間違った認識ではありません。しかしながら、最近では20代や30代といった若い男性の発症例が増えていると言います。通常、20代や30代の男性といえば、最もセックスを楽しむことができる時期です。なぜ、このような事態が起こっているのでしょうか。

EDになりやすい人の傾向として、ストレスを感じやすいことが挙げられます。特に、仕事におけるストレスを感じる男性は、世代を問わず増加傾向にあります。職場では成果主義が浸透しており、常に結果を出すように求められます。それは管理職に限ってのことではありません。入社から数年も経過すれば、責任あるポジションを任され、仕事の成果に加え、後輩の育成といったさまざまな仕事が加わります。

このように、ストレスを感じることは避けられない状況にあります。そして、男性の悩みとストレスは極めて関連性が高いと言われています。それは、ストレスによって性的な興奮が阻害されるからです。

では、ストレスを感じやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。この点、責任感がとても強い方や、マイナス思考の方、緊張しやすい方などが該当します。

オンとオフの切り替えが下手な責任感の強い方

責任感が強い方は職場での仕事に全力で当たりますが、プライベートにも仕事を持ち込む傾向があります。そして、気がつかない間にオンとオフの切り替えがうまくできなくなっていることがあります。他人に迷惑をかけてはならないと考えてしまうのです。そして、休養不足に陥ってしまいます。

自分のことを傷つけてしまうマイナス思考の方

マイナス思考の方は、物事を深く考えすぎてしまう傾向があります。そして、自分が悪いんだと塞ぎ込んでしまうことがしばしばあります。マイナス思考の悪い部分にばかり目につくようになり、ついつい自分のことを傷つけてしまうのです。

トラウマが原因の緊張しやすい方

緊張しやすい方は、過去に自信を喪失するような出来事に巻き込まれているなど、トラウマを抱えていることが多く見られます。休養不足や塞ぎ込むこと、トラウマは全てストレスの大きな原因になります。

ストレスを発散してEDになりにくい体質に

このような特徴を持つ方は、ストレスを感じやすいゆえにEDになりやすい傾向があります。しかし、こうした特徴を持っていたとしても、ストレスをコントロールできれば、EDを発症する可能性は低くなります。

性格はなかなか変えることはできませんが、時には他人に頼ること、自分自身を認めてあげること、過去のトラウマは思い切ってパートナーなどに打ち明けてみるといった取り組みを行うことで、ストレスは軽減できます。時には、自分が抱えているストレスと向き合うことも大切なのです。

公開日: